前川 大滝沢

日程:2019年9月14日(土)〜15日(日)

<行動記録>
9月14日(土)
海老名駅 07:00 <車> 13:30浄土平(吾妻小富士)15:30 <車> 21:00峠駅 22:00就寝

朝の7時に海老名駅に集合し、圏央道、東北道を乗り継いで、浄土平へ向かう。圏央道に乗って直に渋滞し、相模原ICでいったん降り、八王子西ICから乗り直す。13:30ごろ浄土平に到着。時間があれば一切経山を往復する予定だったが、火山活動の活発化により浄土平〜酸ヶ平、酸ヶ平〜一切経山山頂の区間が通行不可となっていた。一切経山は諦め、吾妻小富士の火口壁を時計回りにぐるりと一周した。ついでなので、浄土平湿原を歩き、桶沼を見に行った。
高湯温泉でお湯に浸かり、米沢市内で夕食を取る。米沢牛黄木直営レストラン金剛閣で米沢牛を食べた。21:00ごろ峠駅スノーシェルターに到着。すでに1組の先客パーティー。1時間程度酒盛りをして就寝。深夜、何か線路で作業をしていたのか、少々煩かったが、爆睡した。

9月15日(日)
04:30起床 峠駅05:15 <車> 05:30滑川橋付近の駐車場 ― 06:00入渓 ― 07:00滑川大滝07:20 ― 09:35ヒョングリ滝 11:50登山道(終了点)― 13:50滑川温泉 <車>16:00峠駅 ― 22:45大和駅解散

朝04:30起床。起きたらテントが2張増えていた。撤収して滑川橋付近の駐車場に向かう。到着すると駐車場にテントを張っている車が1台、昨夜一緒に峠駅に泊まった車が1台が止まっていた。なんとかスペースを見つけて駐車する。昨夜一緒に峠駅にとまったパーティーは、同じ神奈川県内の某山岳会だと判明。同じ大滝沢を登るとのことだった。

身支度を整え、車で渡った滑川橋を歩いて戻り入渓する。天気は少し雲があるぐらいで晴れていたが、沢まで太陽の光が届かず、少々寒い感じのスタートとなった。それでも頭上は開けており、気持ち良い沢歩きを1時間ほど楽しんで滑川大滝に到着。予想以上に大きな滝に圧倒される。
ガイドには少し戻って右岸にテープとロープがあるとのことだった。大滝のたいぶ手前でピンクのテープを確認したが、大滝の左壁に高巻きの踏み跡があった。前のパーティーもそこを登って行った。だいぶ急な斜面だと思ったが、登ってみると踏み跡がしっかりしていて快適に巻くことができた。大滝の上で沢に戻る。

日が高くなってきて、途中のなめ滝でウォータースライダーをして遊んだりして、綺麗なナメ滝を堪能しながら進んでいった。9時半頃ヒョングリ滝を過ぎ、15m滝でロープを出し右側を登った。
桶木沢に入り、登山道と交わるところで登山道に入る。ピンクテープがあったが、色あせていて分かりにくい。
登山道は、ほんのり踏み跡があるだけでほとんど人が入っていないようだ。沢装備を解くスペースもなくひたすら進む。1時間ほど歩き大滝展望台でやっと休憩。沢装備を解いた。 14時ごろ、滑川温泉に到着。福島屋旅館で汗を流して温泉で温まった。東北道と首都高、東名道で戻り、22:45頃大和駅で解散した。大きくて水もきれいな沢だった。また機会があれば行きたと思った。

記録:YAMA




2019年度山行報告へ