2024年6月会山行 畦ヶ丸

日程:2024年6月8日(土)


 8:00前に箒杉駐車場に集まり箒杉を見てから登山開始した。
事前調査が足りていなかったが樹齢2000年の国の天然記念物とのことでかなり太い幹であった。IZAさんが何度も行き知っていたため近くでみることができた。事前調査は大事だと感じた。

  しばらく電線にそって登っていたが途中電線から外れ、きつい斜面を登ることになり体力を無駄に使ってしまった。リーダの責任を感じた。
その後も、登りのキツイ場所や、細尾根、ザレ斜面など手を使う必要のある場所もあり予想以上に疲れた。

峰山を経由し10:00頃に権現山に着いた。権現山は南側が開けており丹沢湖を含むきれいな景色が広がっていた。天気は晴れており登りで汗はかいたが、さわやかで気持ちよい風があり、心地よい休憩となった。
  その後は途中富士山が見え和んだ場所もあったが、畦ヶ丸は意外に遠くアップダウンを繰り返しながら畦ヶ丸に向かい12:00頃に到着した。ここまで登山道では誰にも会わなかったが、多くの人が休憩していた。避難小屋で休憩した。

予定は鬼石沢左岸尾根を下り一軒屋避難小屋にでる予定だったが、下山時間と疲労を考え一般登山道の畦ヶ丸・大滝沢コースで下山することにした。登りよりもみんなの会話が多くなったようだ。コースタイムより少し早い時間で歩けた。徐々に沢沿いとなりしばらく進んだ場所で休憩を考えたが、IZAさんから今のスピードなら一軒屋避難小屋までいって休憩したほうがよいというアドバイスをもらい一軒屋避難小屋まで進んで13:30頃休憩した。コースタイムと自分たちのペースを考え休憩の場所を考えることができなったので勉強になった。その後沢沿いをあるき大滝橋に14:30頃到着した。橋の上からKOSさんが食事の準備をしているのがみえた。手をふり気づいてもらったところで箒杉駐車場に向かい14:50に駐車場に到着した。

感想
畦ヶ丸から一般登山道の畦ヶ丸・大滝沢コースで下山した判断は時間的にも良い判断だったと思った。IZAさんのアドバイスのおかげで初リーダを無事完了できホッとした。
ただしリーダとして事前調査や途中の時間配分など考えることができていないことを痛感した。今後はより勉強して安心できるリーダができるようになりたい。



記録 IIJ


2024年度山行報告へ